スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
What does this abbreviation stand for?
ICT、WHO、OECDなどなど、略語花盛りである。
それってなんの略?

分からないことも多いし、同じ略語でも全然違う言葉に立脚していることもよくある。

そんな時、
What does this abbreviation stand for?
と聞く。
それはなんの略なの?
という質問だ。

結構便利な一文。

スポンサーサイト
英語 | 09:17:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
challenging, challenge とチャレンジはニュアンスが違う
日本語のチャレンジに対し、英語のchallengeは
もっと厳しい状況からの挑戦という意味合いです。
ですから、「今年は油絵にチャレンジしようと思います」といった使い方は、通常しません。
この場合はstartか、tryくらいでしょうか。

一方challengeは、
Trying to find the right organizations that offer visa sponsorship opportunities can be very challenging for
the students.
と言った感じになります。
不可能ではないが、相当に難しいと言ったとことででょうか。

英語 | 09:32:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
忖度 「そんたく」大流行中
英訳でだいぶ苦しんでいるケースが多い。
まあ忖度そのもにを対語訳するのでなく、状況説明になるだろうなあ。
単語としては、consideration が私の頭に浮かんだが。
考慮くらいの意味かな。

其処此処忖度だらけではある。
権力者の親族になったことないから、うまみは分からない。
が。


英語 | 14:56:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
I will be the greatest jobs president that God ever created.
I will be the greatest jobs president that God ever created.
私は神が造られた史上最高の雇用大統領になるだろう。

トランプさん、かく語りき。
雇用創出に並々ならぬ意欲をお持ちのようだ。
jobs president という表現が親しみやすい。

しかし、アメリカの失業率は、4パーセント台で低め推移中。
より質の高い雇用をということかな。



英語 | 20:54:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
GOOD CHEMISTRY
We have very very good bond and very very good chemistry.
って言ったのは、トランプさん。
安倍さんとウマが合うって話。
このchemistryって単語が面白いね。





英語 | 12:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。